無垢フローリングの特徴

日本では四季という季節の移り変わりがあるために、温度変化に対応してくれる、無垢フローリングは快適に過ごせる建築材料の一つです。

無垢フローリングとは

無垢フローリングの特徴

無垢フローリングとは、無垢材で作られた床材を言います。

無垢と言ってもその種類も多くあり針葉樹である、ひのき、杉のほか、広葉樹であるオーク、カリン、クリなどといった種類があります。

無垢フローリングは、その名のとおり、無垢な素材であることから、ナチュラル、ピュアといったイメージがあります。

純真無垢という言葉があるように、まじりけのない、純粋なという意味を含んでいる木材です。

それは、冬暖かく、夏はすずしさをサポートしてくれる無垢フローリングの特徴からも実感できます。

そもそも無垢材は、湿気に強く湿度の高い時期には湿気を吸ってくれます。

そして、乾燥している時期には、湿気を出してくれます。

とくに、日本では四季という季節の移り変わりがあるために、温度変化に対応してくれる、無垢フローリングは快適に過ごせる、建築材料の一つであると言えます。

建築用として使用する場合、自然な状態のまま、加工をあまり施さないために、木本来の持っている自然の恵みを与えてくれます。

特に素足で歩いたときに、その効果を享受できるはずです。

木の優しいぬくもりを感じて過ごしたいのであれば、無垢材がお勧めです。


Copyright (C) kybbqco.com. All Rights Reserved.

無垢フローリングとは